スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外へ避難したいけれど、迷っている-若いお母さんからの相談メール



リッキーです。

神奈川県の若いお母さんからメールをいただきましたので、僕の回答とあわせご紹介します。メールは原文のままです。

--------------------------------
神奈川県に住む0歳5ヶ月の息子をもつママです。パパ含め3人家族です。

最近また台風の影響で福島第一原発が爆発寸前というのをツイッターで耳にし、もし何かあった時は迷わず海外へ避難しよう!それは夫婦とも意見が一致しました。

そこで避難するならビザもいらない、リッキーさんおすすめの北タイ?にしようかと検討しています。
マレーシアも捨てがたいですがお金がないので…。

ですがやはり息子はまだたったの5ヶ月。実は予防接種のポリオも受けてません。
このような乳幼児を連れて避難するべきところは、北タイが一番適切と言えるでしょうか?

正直、私は今すぐにでも息子を連れて避難したいんですが予防接種が三種・肺炎球菌・ヒブと毎週打っている最中でこのまま順調にいけば11月上旬に終わるんですね。

このまま放射能に耐えながら予防接種を一通り受け終わってから避難するか、はたまた予防接種を途中で中断して避難するか…息子のことを考えれば考えるほど動けなくなります。

万が一、そっちで大きな病気にかかったらどうしようと不安です。
予防接種を途中でやめて行ったことを後悔するかもしれない、でも放射能でガンになったらそれも後悔する。

本当に毎日悩んでます。

夫も海外移住は賛成してくれているんですが、やはりそちらで働けるのか?という不安から、一家の大黒柱ということもあり、確実な保証がない限り中々動く決心がつかないようです。

(個人情報にかかわる部分があるので後略)

--------------------------------

僕からの回答です。

1.医療

医療に関して、タイで心配することはほとんどありません。
以下の記事にも少し書いています。
http://ameblo.jp/rickeyktgw/entry-11028800979.html

予防接種もタイで受けることが可能です。
チェンライにも日本語の通じる病院はあります。
大使館の以下のページを参考に
http://www.th.emb-japan.go.jp/jp/mamechishiki/medical.htm

日本語の通じるタイの病院
http://thailand.kokohore.net/health/hospital.html

2.避難場所として

一時的、中期的な避難場所として最適な環境は、維持費が抑えられることだと考えています。
小さなお子さんを抱えている方には、気候も大変重要だと思います。


このような乳幼児を連れて避難するべきところは、北タイが一番適切と言えるでしょうか?

一番適切なのがどこなのかは、僕にもわかりません。

ただ、医療の点でも書きましたが、チェンライには日本語が通じる病院もありますし、タイでも予防接種は義務付けられています。

何より気候がよく物価が安い。
メールを拝見する限り、北タイを排除する理由は見つけられません。


このまま放射能に耐えながら予防接種を一通り受け終わってから避難するか、はたまた予防接種を途中で中断して避難するか…息子のことを考えれば考えるほど動けなくなります。

かかりつけのお医者さんなどに、どの予防接種をどのタイミングで受ければよいかを事前に聞いておけば、こちらに来てから対応できるのではと思います。


夫も海外移住は賛成してくれているんですが、やはりそちらで働けるのか?という不安から、一家の大黒柱ということもあり、確実な保証がない限り中々動く決心がつかないようです。

まずは貴女とお子さんが一日も早く避難する。
二重生活になったとしてもこちらの物価を考えれば、総生活費は下げることが可能です。

北タイでは日本人の仕事は非常に少ないので、バンコクなどで職を探すのが現実的でしょう。

バンコクでご主人の職が見つかれば、その後、貴女とお子さんが北タイから移動、ご主人と合流するのも選択肢だと思います。(収入があれば、物価が高めのバンコクでも生活可能)

----

この方と同じようなメールをよくいただきます。

共通しているのは、避難したいけれど、なんらかの理由でできないということです。

そういう方はぜひ、以前ポストしたこの記事を読んでください。


避難できない理由は何ですか?

命より大切なものですか?

人間らしさよりも大切なものですか?


一歩を踏み出しませんか?

あなたからの連絡を待っています。

----

この情報が役に立った方は、ここをクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

僕と話したい方はフェイスブックツイッター
このページ右列にあるメールフォーム、
またはアメーバブログメッセージ欄(会員のみ)からアクセスしてください。

リッキー北川をフォローする
スポンサーサイト

テーマ : 子育て
ジャンル : 育児

自分の口に入るものは自分で調達する-避難先に本当に適した場所を選ぶ その5-食の安全

リッキーです。

引き続き、海外避難に向けて準備しましょう。

僕があなたに北タイをお勧めする理由、第5弾の今日は食の安全です。


先日、我が家で食べている米は、有機無農薬で10kg300円だという記事を書きました。

この米を分けてくれているのは、タイとの国境近くに住むミャンマーシャン州の山岳民族です。彼らは経済的に非常に貧しいのですが、食べるものには苦労していません。米はもちろん、野菜、畜産など自分たちの口に入るものは、自分たちで調達しているからです。

数年前、僕は機会があって、彼らが住む集落を訪れました。もてなしとして出されたのは、庭で取れたパイナップルとマンゴーでした。そしてそれを口にした時の感動は、今も忘れることができません。

たっぷりと自然の中で熟した果実は、まさに太陽の味でした。もちろん農薬など使わず、保存剤が添付されることもなく、ほとんど放置された木々からは、僕たちが生きていくのに十分な恵みが与えられるのです。

僕は何度もその集落を訪れています。そのたびに、彼らは自分たちが作った新鮮な食べ物でもてなしてくれます。しかし、おかしなことに彼らは、自分たちがサトウキビだけから作った黒砂糖より、真っ白に漂白された白砂糖が、庭で放し飼いにしている鶏の骨から取ったスープより、長期保存できるように加工されたスープの素高級でおいしいと思っていました。

僕は、彼らが作っているものが、いかに安全で価値のあるものかを説明しました。彼らは僕の話を熱心に聞いてくれました。そして理解した後は、多くの自然の恵みを両手では足りないほどに持たせてくれました。

よき友人となった彼らは、僕から現地の相場以上のお金を受け取ってくれません。それが僕が安全な米を驚くほど低価格で手に入れている理由です。

あなたが、僕の住む街に来てくれれば、彼らの村を紹介します。そして、自然の恵みをたっぷりと受け取った新鮮で安全な食べ物を、思いっきり子供たちに食べさせてあげてください。

----

この情報が役に立った方は、ここをクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

タイ北部に関してさらに詳しく知りたい方は、リッキー北川のメインブログ「北タイ移住、ロングステイお助けマニュアル」へお越しください。

僕と話したい方はフェイスブックツイッターなどからアクセスしてください。
リッキー北川をフォローする

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

生活の基本-避難先に本当に適した場所を選ぶ その4-ライフライン


リッキーです。

引き続き、海外避難に向けて準備しましょう。

僕があなたに北タイをお勧めする理由、第四弾の今日はライフラインについてです。

1.電気

僕が暮らすチェンライ郊外には山も多く、人里離れ自給自足で暮らす山岳民族もいます。最近では、こういった山奥にも電気が通るようになり、タイ国内の電力普及率は99%とも言われています。

大雨や雷などの影響で、時々停電することもありますが、たいていの場合、数時間で回復しますので、生活に支障が出るほどの問題に遭遇した経験はありません。

電気料金も拙宅の場合、3DKに一般的な家電一式と、温水シャワー、エアコンが一日約8時間、24型ディスプレイPCが2台常時オン、相方がタイドラマを一日2、3時間見る生活で一ヶ月3000円余りと、日本に比較するとかなり割安です。

2.水道

水道は、上水道と地下水くみ上げの二種類があります。それぞれに利点、欠点がありますが、飲料水は格安に手に入るので(900ml24本で80円くらい~)、心配はないと思います。詳しくはこちらの記事で紹介しています。

3.ガス

都市ガスはないので、プロパンを利用することになります。プロパンのボンベは、一本約800円で、週6日の自炊で2ヶ月程度もちます。ガスが面倒であれば、調理器具などオール電化にすることも可能です。一部の新しい借家では、ガスの利用を禁止しているところもあります。

4.インターネット

郊外でも急速に普及しています。最近では、田舎でもネットカフェ(通常は喫茶店で自由にwifiが使えるスタイル、ノートパソコンなどの持ち込みが必要)が急増していますので、常時接続が不要な方は、そういったものを利用すれば十分かもしれません。

自宅に導入する場合は、1,300円/月くらい~です。

----

この情報が役に立った方は、ここをクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

タイ北部に関してさらに詳しく知りたい方は、リッキー北川のメインブログ「北タイ移住、ロングステイお助けマニュアル」へお越しください。

僕と話したい方はフェイスブックツイッターなどからアクセスしてください。
リッキー北川をフォローする

テーマ : 海外生活
ジャンル : 結婚・家庭生活

海外長期滞在で気になること一位は?-避難先に本当に適した場所を選ぶ その3-医療



リッキーです。

引き続き、海外避難に向けて準備しましょう。

僕があなたに北タイをお勧めする理由、第三弾の今日は医療についてです。

海外で長期に滞在した場合、気になる点としてよくあげらるのが、現地医療体制や受診費用などです。以前、ミクシィでアンケートを実施した時も、「海外移住に関して、知りたいこと」の一位でした。

まずチェンライ市内には、外国人が安心してかかることができる、大きな医療施設(病院)が少なくとも2施設有り、日本語通訳が常駐している病院もあります。

小規模の開業医でも、少なくとも英語はまず通じるので、言葉が苦手な方も辞書が一冊あれば、症状を伝えることは難しくありません。

郊外にもそういったクリニックはたくさんありますし、風邪や食あたりなどの軽い症状であれば、薬局でも「通常、日本では処方箋がないと買えない薬」が購入できます。処方箋が不要なので、常用薬なども比較的簡単に入手できます。注)一部の薬は処方箋がないと買えない場合もあります。

費用もよほどのことがない限り、日本と同レベルの治療が日本の健康保健を利用した医療費よりも安くすみます。注)タイの私立病院は治療費を個々に決めていいことになっているので、バンコクなどの高級病院では日本より高いところもあります。

海外旅行保険をかけるに越したことはありませんが、滞在中、病院にかかった総額が、保険料より安かったという場合がほとんどです。但し、海外では思わぬ病気にかかることもありますので、備えをしておくに越したことはないと思います。

----

この情報が役に立った方は、ここをクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

僕と話したい方はフェイスブックツイッター、またはメッセージからアクセスしてください。

ここ最近、ツイッターに返信をいただいたり、RTしていただいてもなぜか通知が届かないことがあります。僕からの回答が2日程度たっても届かない場合は、もう一度メッセージなどを送りなおしていただけると助かります。

リッキー北川をフォローする

えっ?!日本米(有機無農薬)が 10kg300円-避難先に本当に適した場所を選ぶ その2-物価



リッキーです。

引き続き、海外避難に向けて準備しましょう。

僕がなぜ、あなたに北タイをお勧めするのか説明する第二弾です。

今日は物価についてです。


単純に物価といっても、海外での物価は両替時の為替にも影響されますので、一概には論じられませんが、ここ数年タイバーツと日本円は概ね1バーツ=3円前後で推移しています。

昨今の円高は、海外へ避難する人には大変有利で、今日現在、1バーツ=約2.57円とタイへ渡航する予定の人にとっては、非常に魅力的なレートとなっています。

大体の物価を体感していただくために、生活に密着した品物の価格をご紹介します。(価格はチェンライ郊外での標準的なものを概算表示しています。)
購入される場所や店によって価格が違う場合がありますので、あくまでも参考価格として利用してください。

☆家賃
集合住宅2DK 5,000円/月
一戸建て3DK 10,000円/月

☆水道代 380円/月(北川宅二人暮らしの数ヶ月平均)

☆電気代 3,400円/月
(北川宅二人暮らしの夏場数ヶ月平均。AC8時間、PC2台)

☆プロパンガス 一本800円(週6日自炊で2ヶ月程度)

☆インターネット 2,000円/月(9MBブロードバンド)

☆電話 プリペイド式携帯電話 5円/分など(契約による)

☆食費 13,000円/月
(大人二人 週6日自炊で数ヶ月平均)

 じゃがいも 50円/1kg
 たまねぎ 65円/1kg
 にんにく 100円/1kg
 万能ねぎ 13円/1把
 白菜 100円/1kg
 キャベツ 40円/中1個

 豚肉 40円/100g
 鶏肉 23円/100g
 鶏卵 86円/中10個

 牛乳 86円/800ml
 ヨーグルト 110円/110g入4個

 マンゴー 40円/1kg
 マンゴスチン 80円/1kg
 パイナップル 80円/1kg
 バナナ 65円/1kg

 米(タイ白米) 40円/1kg
 米(タイ産日本米) 130円/1kg
 玄米(タイ産) 80円/1kg

 *北川宅ではミャンマー産日本米(有機無農薬)を
  直接生産者から10kg300円で購入(安ッ!)

☆外食

 ご飯もの(丼のような感じ) 80円
 麺類 65円
 中級食堂 一品料理 200円くらいから/皿
 KFC、マクドナルド、日本食堂など市内に有

☆交通

市内循環バン 50円~
バイクタクシー 50円~
トゥクトゥク 100円~

☆その他

美容院 カット&シャンプー 380円
フィットネスクラブ(スタジオ無) 1.500円/月
タイマッサージ 520円/2時間
フットマッサージ 260円/1時間

食材に関しては、こちらも参考にしてください。
流通価格(特に肉の値段)は変動しています。ポスティングの日付に注意してください。

資料
ウィキペディア日本語版

----

この情報が役に立った方は、ここをクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

僕と話したい方はフェイスブックツイッター、またはメッセージからアクセスしてください。

ここ最近、ツイッターに返信をいただいたり、RTしていただいてもなぜか通知が届かないことがあります。僕からの回答が2日程度たっても届かない場合は、もう一度メッセージなどを送りなおしていただけると助かります。

リッキー北川をフォローする
Twitter
プロフィール

リッキー北川

Author:リッキー北川
海外放浪20年、タイ在住8年、ようやく海外生活のなんたるかが見えてきました。自分の失敗や経験を生かして、海外移住、ロングステイの情報を別ブログで発信しています。

福島の悲しい事故で、安全な居場所をなくしてしまった人たち、放射能の驚異から家族を守るため、海外での生活を考えるあなたのために緊急移住計画を支援します。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
名詞
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新記事
タイ気象情報
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。