スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移住(海外避難)準備その4-資産管理 銀行、クレジットカード


リッキーです。

引き続き、海外避難に向けて準備しましょう。

今日は銀行についてです。

海外での避難を計画している方から、海外への送金方法について相談されました。ご主人からの仕送りの受け取り方についてです。

もっとも簡単なのは、海外ATMで使えるキャッシュカードを発行してくれる銀行口座を利用する方法です。通常の海外送金は手数料が数千円かかりますが、ご主人には通帳で入金していただき、ご本人は海外でキャッシュカードで引き出せば、送金手数料は不要です。

いろいろありますが、手数料、使い勝手などを考えると、以下の銀行などは比較的お勧めです。

トラベルキャッシュ-スルガ銀行と近畿日本ツーリストのコラボ

新生銀行

ネットで検索すれば、手数料の比較サイトがあるので、用途にあわせて検討するとよいと思います。

現地に口座を作る場合、日本語の案内サイトもあるカシコン銀行は、比較的簡単に開設できます。

カシコン銀行 日本語案内サイト


次に意外とお得なのが、クレジットカードの海外キャッシングです。

キャッシングと聞くと、引いてしまう方がいるかもしれませんが、手数料は銀行に比べると安いので利用価値があります。ただ返済日(銀行からの引き落とし日)までに間があると、利息がかかってしまうので、利用後、カード会社に繰り上げ返済を申し入れ、利息がかかる前に完済してしまうことで、手数料の恩恵が大きくなります。

海外発送可能な通販の楽天が、カードを申し込んで何か一点でも買うと5,400円分のポイントが貰えるキャンペーン中だそうです。もちろん年会費無料です。

楽天カード

----

この情報が役に立った方は、ここをクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

僕と話したい方はフェイスブックツイッター、またはメッセージからアクセスしてください。
リッキー北川をフォローする
スポンサーサイト

テーマ : 生活・暮らしに役立つ情報
ジャンル : ライフ

移住(海外避難)準備その3-文化の違いを正しく知って快適に滞在する-


リッキーです。

海外避難先として、タイ北部をお勧めしています。

物価も安く、気候もよく、医療や治安の不安もない。

なんだかいいことばかり並べているようですが、今までお伝えしたことは事実です。

但し、海外で生活するために、必要なものもあります。お金とか時間といった物理的なものではなく、精神的なものこそが、海外で生活するあなたにとって大きな支えとなると考えています。

海外旅行に出かけた人が、よくこんなことを言いますよね。

「タイ、すごくよかったよ。タイ人は親切で親日家だしね。」

それが、どういうわけか、タイを好きになって何度も渡航、自称タイ通となった頃から少し調子が変わります。

「タイの女の子に騙された。」
「タイ人は信用できない。」

こういう話を聞くと、僕は本当に悲しくなります。せっかく、タイのことが気に入って、何度か出かけているのに、いつのまにか非難ばかりするようになってしまう。いったい、それはなぜなんでしょう。

僕は、タイの文化を知る努力が少し足りないのではと思っています。

日本人は心をどれだけ込めるかで、相手への愛情を表現しようとしますが、タイ人は与えられる物質的価値で愛情を計ります。これは、どちらがイイとか悪いではなくて、文化の違いです。

普通のタイの女の子は、1万円のバッグをもらうより、10万円のネックレスをもらったほうが、愛されていると思います。そして与えるほうは、10万円を稼ぐために努力する。その努力が愛情表現なんです。

タイ人の女の子にプレゼントして、関係がうまくいったとします。そこから一般的な日本人の男性なら、彼女のことをどれだけ思っているかを、一生懸命伝える努力をするでしょう。それは、電話の回数であったり、タイへの頻繁な渡航であったりと行動が主体です。

しかし、女の子のほうは、お金のかからない行動ばかりが増えて、プレゼントが貰えなくなると、自分への気持ちが薄れ始めたと思います。そして自分への気持ちを確かめるために、少々法外なプレゼントを要求したりします。

そうすると、一般的な日本人男性は、「なんだお金のためにオレとつきあっているのか?」となってしまうんです。

タイ人女性との交際相談は、数限りなく受けましたが、ほとんどの場合はそのあたりに原因があります。

誤解のないように申し添えますが、プレゼントをし続ければうまくいくというわけではありません。もちろん気持ちが一番大事です。ただ、その伝え方に微妙な文化の違いがあるのです。

恋愛の話が、一番わかりやすいと思ったので、この例を出しましたが、異文化の地で暮らすというのは、違和感を感じることがないわけではありません。

但し、それを予め知って、相手の文化や考え方を尊重すれば、滞在は快適で、日本では得られないものをたくさん手に入れることができると思います。

僕が運営するもう一つのブログ「北タイ移住、ロングステイお助けマニュアル」で、

海外でどうやって思いを伝えればよいのか 語学教師が教えてくれないコミュニケーションのこつとは?

という記事をポストしています。こちらもぜひ、参考にしてください。

----

この情報が役に立った方は、ここをクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

タイ北部やタイ事情、文化に関してさらに詳しく知りたい方は、リッキー北川のメインブログ「北タイ移住、ロングステイお助けマニュアル」へお越しください。

僕と話したい方はフェイスブックツイッターなどからアクセスしてください。
リッキー北川をフォローする

テーマ : 地震・放射能を逃れ自主避難
ジャンル : ライフ

移住(海外避難)準備その2-チェンライってどうやって行くの?


リッキーです。

引き続き、海外避難に向けて準備しましょう。

今日はチェンライってどうやって行くの?です。

ある方からこんな質問をいただきました。

----
北川さま。先日はタイ生活費のシュミレーションをUPして下さり本当にありがとうございました。正直ここまで低予算で生活できるイメージがなかったので驚きました。
貧困な我が家でも可能なのではと思え、万一の為にチケット代金を調べたりしております。しかし、チェンライ行きは比較的高額なのですね。ビザについて、今一つ調べてもわかりません。チケット購入時旅行代理店に頼めばいいのでしょうか?あとできれば、学校の費用などもブログに載せて下さると助かります。要求が多くてごめんなさい。一応保護者としては気になるところなので……。よろしくお願いいたします。
----


1.航空券

バンコクまではわりと簡単に格安航空券が手に入りますし、まめに旅行サイトをチェックしていると、チェンライを含む、東南アジアどこでもOKという格安チケットが紹介されることもあります。

楽天トラベルあたりがメジャーで使いやすいと思いますが、他にもHISなどWEBで簡単に情報が手に入るのでチェックしてみてください。

バンコクまでのチケットしか格安航空券が見つからなかった場合は、国内線を別に購入する方法があります。

エアーアジアは、最近日本でも就航を始めた格安航空会社で、タイ国内ではタイ人、旅行者問わず大変人気がある航空会社です。
英語サイトしかありませんでしたが、日本でも就航を始めたことで、日本語でもタイ国内線の予約ができるようになりましたので、簡単に利用できます。

エアーアジアのチケット代金は、予約量によって変動しますので、極端に言うと毎日価格が変わることもありますが、概ね早めの予約が有利です。ちなみにバンコクチェンライ間は正規運賃でも4千円あまりと同区間を飛んでいるタイ国際航空に比べると、かなりお値打ちな設定です。

2.ビザ

こちらの記事でも簡単に紹介していますが、タイにはノービザで入れますので、まず入国して近隣第三国で観光ビザを取得するのが、今のところベストだと考えています。

在京タイ王国大使館でも観光ビザを取得できますが、長期滞在が可能なダブルビザ(最大半年滞在可能)の入手は、東南アジア各所の大使館の方が必要書類も少なく許可もおりやすいようです。

関東地区にお住まいの方で、東京の大使館に出向くのが難しくない方は、ダブルビザの入手が可能かどうか問い合わせてみてもよいと思いますが、日本でビザを取得すると、入国最初のノービザ期間30日が得られません。(入国と同時にビザが発効されます)

タイ入国後、近隣第三国での観光ビザ取得に関しては、現地の旅行代理店が組んでいるツアーに乗っかるのが一番簡単です。費用をかけたくない方は自力で手続きすることも可能ですので、実際に渡航が決まったら相談してください。

ビザの情報に関しては、今後もアップしていきます。

3.学校

僕が運営するもう一つのブログ「北タイ移住、ロングステイお助けマニュアル」にあげた記事がありますので、そちらも参考にしてください。

移住に関するQ&A-学校、ビザなどに関して

学校に関する問い合わせがとても多いので、時間ができたら、チェンライ市内のインターナショナルスクールで最新情報を入手してこようと思います。

もし、このブログをご覧になった方で、チェンライの学校に関してご存知の方は、メッセージいただけると、とても助かります。

----

この情報が役に立った方は、ここをクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ

僕と話したい方はフェイスブックツイッター、またはメッセージからアクセスしてください。
リッキー北川をフォローする

テーマ : 海外生活
ジャンル : 海外情報

日本脱出準備その1

リッキーです。

日本脱出に向けて準備しましょう。

1.パスポート

2.ビザ

タイなら30日滞在まではビザ不要、それ以上の滞在を希望する場合も、到着してから旅行がてらラオスなどの近隣第三国で長期ビザを取得可能、日本より簡便に手続きできます。

3.費用

余裕があるに越したことはありませんが、切り詰めれば日本の3分の1、4分の1で生活できます。

一ヶ月退避モデルケース(母+子でチェンライ近郊の場合)

家賃  1万円  こちらもチェック!
生活費 3万円
その他 2万円

4.普段使いの身の回り品


タイには、パスポートがあればすぐに来られます。

手ぶらで来てもかまいません。
Tシャツ、短パンは250円で買えます。

ヨウ素の入っていないミルクが1パック30円で買えます。


来られない理由がありますか?

それは何ですか?

命より大切なものですか?

人間らしさよりも大切なものですか?



一歩を踏み出しませんか?

あなたからの連絡を待っています。

----

この情報が役に立った方は、ここをクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

僕と話したい方はフェイスブックツイッター、またはメッセージからアクセスしてください。

ここ最近、ツイッターに返信をいただいたり、RTしていただいてもなぜか通知が届かないことがあります。僕からの回答が2日程度たっても届かない場合は、もう一度メッセージなどを送りなおしていただけると助かります。


リッキー北川をフォローする

避難用格安物件ータイチェンライ

リッキーです。

しばらく放置してしまいましたが、復活します。

もう一つのブログに避難用の物件を紹介しました。

詳細はこちらからご覧ください。

----

この情報が役に立った方は、ここをクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

さらに詳細知りたい方はフェイスブックツイッター、またはメッセージからアクセスしてください。

ここ最近、ツイッターに返信をいただいたり、RTしていただいてもなぜか通知が届かないことがあります。僕からの回答が2日程度たっても届かない場合は、もう一度メッセージなどを送りなおしていただけると助かります。


リッキー北川をフォローする
Twitter
プロフィール

リッキー北川

Author:リッキー北川
海外放浪20年、タイ在住8年、ようやく海外生活のなんたるかが見えてきました。自分の失敗や経験を生かして、海外移住、ロングステイの情報を別ブログで発信しています。

福島の悲しい事故で、安全な居場所をなくしてしまった人たち、放射能の驚異から家族を守るため、海外での生活を考えるあなたのために緊急移住計画を支援します。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
名詞
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新記事
タイ気象情報
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。