スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海外長期滞在で気になること一位は?-避難先に本当に適した場所を選ぶ その3-医療



リッキーです。

引き続き、海外避難に向けて準備しましょう。

僕があなたに北タイをお勧めする理由、第三弾の今日は医療についてです。

海外で長期に滞在した場合、気になる点としてよくあげらるのが、現地医療体制や受診費用などです。以前、ミクシィでアンケートを実施した時も、「海外移住に関して、知りたいこと」の一位でした。

まずチェンライ市内には、外国人が安心してかかることができる、大きな医療施設(病院)が少なくとも2施設有り、日本語通訳が常駐している病院もあります。

小規模の開業医でも、少なくとも英語はまず通じるので、言葉が苦手な方も辞書が一冊あれば、症状を伝えることは難しくありません。

郊外にもそういったクリニックはたくさんありますし、風邪や食あたりなどの軽い症状であれば、薬局でも「通常、日本では処方箋がないと買えない薬」が購入できます。処方箋が不要なので、常用薬なども比較的簡単に入手できます。注)一部の薬は処方箋がないと買えない場合もあります。

費用もよほどのことがない限り、日本と同レベルの治療が日本の健康保健を利用した医療費よりも安くすみます。注)タイの私立病院は治療費を個々に決めていいことになっているので、バンコクなどの高級病院では日本より高いところもあります。

海外旅行保険をかけるに越したことはありませんが、滞在中、病院にかかった総額が、保険料より安かったという場合がほとんどです。但し、海外では思わぬ病気にかかることもありますので、備えをしておくに越したことはないと思います。

----

この情報が役に立った方は、ここをクリックお願いします。

ブログランキング・にほんブログ村へ

僕と話したい方はフェイスブックツイッター、またはメッセージからアクセスしてください。

ここ最近、ツイッターに返信をいただいたり、RTしていただいてもなぜか通知が届かないことがあります。僕からの回答が2日程度たっても届かない場合は、もう一度メッセージなどを送りなおしていただけると助かります。

リッキー北川をフォローする
関連記事
スポンサーサイト
Twitter
プロフィール

リッキー北川

Author:リッキー北川
海外放浪20年、タイ在住8年、ようやく海外生活のなんたるかが見えてきました。自分の失敗や経験を生かして、海外移住、ロングステイの情報を別ブログで発信しています。

福島の悲しい事故で、安全な居場所をなくしてしまった人たち、放射能の驚異から家族を守るため、海外での生活を考えるあなたのために緊急移住計画を支援します。

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
名詞
QRコード
QR
RSSリンクの表示
最新記事
タイ気象情報
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。